美容外科で受ける小顔施術|エラ削りとボトックス注射

レディ
  1. ホーム
  2. 効果と持続期間の目安

効果と持続期間の目安

看護師

小顔は女性のほとんどが憧れるでしょう。小顔になるために美容外科に行ってエラ削りやボトックス注射などで小顔を希望する人も多くいます。エラが張っている原因が骨の場合はボトックス注射よりもエラ削りの方が効果は高いですが、筋肉の付きすぎによってエラが張っている人は、ボトックス注射で高い効果を得ることができます。エラ削りは、骨を削って骨格を変えてしまうので、その分リスクが大きく、ダウンタイムも長くなってしまいます。不安という人は美容外科やクリニックでボトックス注射をする方が良いでしょう。美容外科やクリニックに行く前にボトックス注射の効果について知っておきましょう。ボトックス注射は筋肉の働きを麻痺させる作用によって筋肉の発達を抑えることでエラのハリを小さくすることができます。この注射の効果は永久的に続くものではなく、いずれは効果が無くなってしまうもので、持続期間に個人差が出てしまいます。ボトックス注射はふくらはぎやシワの治療にも使われることがありますが、小顔のためエラに使用するときは目安として3ヶ月から半年ほどの期間持続すると言われています。永久的なものではないですが、初めての人などはエラ削りよりもボトックス注射の方が安心して小顔になれます。効果が切れないようにするためには定期的に注射してもらう必要があります。

ボトックス注射の持続効果の説明をしましたが、次はどれくらいで効果が出てくるのか紹介します。注射でも施術後は腫れや内出血などの症状がでてこの期間がボトックス注射のダウンタイムになります。期間としては2、3日なので負担はそれほど大きくはありません。不安な人はカウンセリングのときにしっかりと説明を受けて不安を取り除いてから施術を受けるようにしましょう。施術をしてすぐに小顔になれる訳ではなく、徐々に筋肉が小さくなっていきます。少しずつ変化していくため、実感するのは大体3週間ほど経ってからです。個人差があるので2週間後や4週間後に実感する人もいます。あまり効果を実感しないという人は3ヶ月~6ヶ月毎に注射をして、2、3回くらいで効果を実感するという人もいるようです。1回の施術ではあまり効果が出ないということで2、3回施術を受ける人は多くいるそうです。ボトックス注射をするなら数回受ける覚悟で行った方がいいでしょう。エラの筋肉は施術で小さくすることができますが、食事をしたり話したりすることで毎日動かすため、効果が切れた後に筋肉が元の大きさに戻るスピードも早いです。持続期間には個人差はありますが、再び注射をする場合や定期的にする場合は担当医師に相談して適切な施術を受けるようにしましょう。カウンセリングで費用なども確認して経済的負担も考えて計画を立てると良いです。