美容外科で受ける小顔施術|エラ削りとボトックス注射

レディ
  1. ホーム
  2. 種類と費用

種類と費用

医者

美容外科やクリニックでエラ削りすることなく、小顔にすることができるボトックス注射には種類があります。同じボトックスでもどのように違うのでしょうか。また、美容外科やクリニックではどのような種類を使っているのか見ていきましょう。
まずは「ボトックスビスタ」です。この製品はアメリカのアラガン社で作られ、ボトックスの先がけともなっています。この製品は国内で唯一厚生労働省から認定されたボトックスなのです。少し金額は高くなりますが、安全性と有効性を臨床データによってきちんと確認されています。不純物であるタンパク質の量が少ないので繰り返しの使用も安心でき、品質管理も徹底されています。次に「リジェノックス」ですが、この製品は美容意識の高い韓国で作られました。アメリカ製の製品より劣りますが、価格は安く効果もしっかりで出ます。そして「ゼオミン」という商品はドイツのメルツ社という会社で作られ、高純度最新型のボツリヌストキシン製剤です。アラガン社で作られたものよりも不純物を10分の1まで除去されて、抗体ができにくく効果が出やすくなっています。また、冷凍保存をしなければならない種類が多い中、常温で保存できるのが特徴となっています。最後に「ディスポート」です。この製品はイギリス製で、今まで紹介してきたボトックスの中で一番範囲が広がりやすいものになります。そのため、作用してほしい部分以外にも広がるためエラへの施術では使用していません。4種類のボトックス注射を紹介しましたが、日本の美容外科やクリニックではアメリカ製のボトックスビスタを使用しています。安全性が高く、日本で唯一認められている製品なのでこの種類なら安心して施術を受けることができます。エラ削りを検討している方は、まずは美容外科でボトックス注射による施術が可能か確認すると良いでしょう。

次は気になる費用についてですが、ボトックス注射の施術でかかる費用は、薬剤の種類や施術を行うクリニックによって金額が違います。また、アメリカ製の「ボトックスビスタ」は他の薬剤よりも高く設定されています。そのことも踏まえておおよその金額を紹介していきます。
ボトックスビスタは、約10,000円から20,000円ですが、その他の薬剤だと約3,500円~10,000円の費用になります。ですが、エラの施術の場合は、回数や使用する薬剤の量が多くなるのでもう少し高い費用になります。また、初回は安く金額を設定しているクリニックもあるので、初回と2回目以降の費用もしっかりと確認しておきましょう。エラのボトックス注射で満足いく結果になるまでは約4万円から6万円ほどの費用がかかります。ボトックス注射を受ける時には金額だけではなく、使用する薬剤の種類や量、施術回数なども計算に入れてから計画を立てるようにすると良いでしょう。リスクの高いエラ削りよりも安全にエラを小さくするにはボトックス注射を受ける方が良いですが、使用する薬剤の種類も確認しておく必要があります。日本で唯一認められている安全な薬剤はボトックスビスタです。技術や知識、経験のある医師に施術をしてもらえればほとんど失敗はないですが、失敗のリスクをより下げるためには種類の選択も大切になります。エラ削りよりもリスクは低いですが、後悔しないためにもクリニック選びからきちんと行いましょう。