美容外科で受ける小顔施術|エラ削りとボトックス注射

安心安全に小顔を手に入れるポイント

効果と持続期間の目安

看護師

小顔になるためにはエラ削りの手術だけではなく、ボトックス注射をえらに打つという方法もあります。エラが張っている理由が骨ではなく筋肉の場合は注射による施術でも十分に効果を実感できます。施術を受ける前に、持続期間や効果が現れる期間などを知っておきましょう。

小顔を手に入れる方法

ウーマン

綺麗なモデルさんみたいに小顔になりたい人や、エラが張っているのがコンプレックスという女性はたくさんいるでしょう。このようなコンプレックスから美容整形を受ける女性も少なくはありません。輪郭をスッキリさせるためにはエラ削りをして小顔を手に入れることができます。では、エラ削りとはどのようなものか紹介していきます。
フェイスラインでエラが四角く出ていれば小顔には見えないため、その角の部分を手術で削ることによって輪郭を変えることをエラ削りと言います。張っていたエラの骨が削られることで顔がスッキリして小顔に見えます。直接骨を削るため、大きな効果を期待することができます。しかしその反面、手術を行うので腫れや内出血、痛みなどのダウンタイムが長くなり、入院も必要で回復までにはそれなりの期間が必要になります。また医師の知識、経験、技術力が不足していれば、仕上がりが不自然になったり、形が悪く顔が大きく見えてしまったりする可能性もあります。このような大きなデメリットも付いてくるのでエラ削りをする場合はより優秀な医師を探し、相当な覚悟をもっていかなくてはいけません。カウンセリングから長い時間のダウンタイムを終えても結果が失敗や満足いかないなどになってしまっては意味がありません。初めて美容外科で手術をしたいという人は余計に不安になってしまうでしょう。そのような人は手術よりはリスクの少ない方法でエラ削りをしましょう。

リスクの少ないエラ削りとは、手術ではなく注射でエラの張りを小さくする方法です。それが「ボトックス注射」なのです。ボトックス注射と言えば多くの人が聞いたことあると思いますが、この注射で使用される薬剤はボツリヌス菌から作られた毒素を純化して薬剤にしたもので、筋肉の働きを抑えることができます。そのため、エラの張りが筋肉の発達によるものの場合はこのボトックス注射でも満足いく効果を得ることができます。また、大掛かりな手術を行うわけではなく、エラの筋肉に直接注射を打つだけなので、施術時間は15分ほどで終わることもあります。入院もなく、メイクもその日から行うことができます。施術の流れとしては、始めに電話で予約して、次に医師と詳しいカウンセリングを行い、そして施術という順番で行うことができます。施術日はカウンセリングとは別日に調整するか、同じ日に行うこともできます。施術を受けてすぐに効果を得られるわけではありませんが、日数が経つにつれて徐々にエラの張りが無くなっていくのが分かります。満足に効果を感じることができない人は医師に相談して再び注射を打つことも出来ます。
日本で使用されているボトックスの薬剤は、圧生労働省から唯一認められている「ボトックスビスタ」という薬剤が主に使われています。他にもいくつか種類があるので施術を受ける美容外科で確認すると良いでしょう。
このボトックス注射は、しわ取りや発汗を止める効果もあるので目元や額、脇など他の施術にも使われています。日本で認められている薬剤を使用していても医師の技術、知識、経験などが不足していると結果が付いてこない事もあるので、美容外科選びからきちんと行いましょう。

安全に施術するためには

カウンセリング

美容外科でエラ削りやボトックス注射を受けて小顔になる人もいますが、ボトックス注射は施術を受けることができない人もいます。安全性の知識を高めるために施術できない人や副作用などもしっかりと理解しておきましょう。

種類と費用

医者

エラのボトックス注射は、薬剤の種類や施術回数、美容クリニックによって費用が大きく変わります。エラ削りの施術を受けるときも同じですが、大まかな金額を知り心の準備をして、詳しい費用はカウンセリングで医師に確認しましょう。